i-Buzzの目標
i-Buzzの製品サービス
i-Buzz発展ヒストリー
お客様からのよくある質問
i-i-Buzzの目標
i-Buzzの発展
1. 完整之產業口碑報告資料庫:
完璧な産業クチコミ報告データベース産業ブランド分類によって、クチコミ分析情報の基礎を作り、産業のブランド、製品、規格を完全にファイリングすることで、企業/ブランド/製品の競争環境における傾向を長期的に観察します。

2. 最多的口碑來源頻道蒐集:
最多のクチコミソースとなる通信媒体の収集情報技術のおかげで、i-Buzzはサービスする製品に対して、インターネット上の各種クチコミソースから広く収集が可能となりました。ニュース、ウィキペディア、ブログ、論壇、コラム、及びソーシャルグループプラットホームの急速な発展にともない、国民が愛用するようになったフェイスブックやPlurk(噗浪)もi-Buzzのクチコミ監視リサーチに含まれています。現在、台湾地区におけるクチコミソースは大きく6分野あり、その総数は21809件の通信媒体を超え、今もその数は増え続けています。中国大陸においては、公開されているニュース、論壇、ECサイト、ソーシャルグループプラットホームのクチコミ収集と分析を積極的に行っています。 ビッグデータという考えの下、収集される情報ソースは広く多岐にわたり、得られるデータも更に多様化しています。情報収集と分析への活用は、今後、更に大きな効果と利益をもたらすでしょう。

3.自動システムの開発:
i-Buzz Management、i-Buzz voc online、i-Buzz newsなどのWOM応用情報システムを開発し、パーフェクトなWOMの記録と活用ツールを提供することで、異なる部門であっても自由に異なる名称を与えることを許可し、管理者が重要な情報をまとめ、管理し、公開することで、全ての企業データを同時に確実に保障します。

4.世界中の中国語関連語意と心理状態の研究開発:
クチコミのビッグデータといえば、多くの企業は、単なる定量的クチコミデータの整理とまとめ、もしくは終わった話題の「検視」であると見なしています。しかし、消費者がますます自主性を持っていく中で、単純な定量統計だけでは顧客のニーズに応えられなくなっています。i-Buzzは、市場のニーズを出発点とした「グローバルな中国語語意関連と感情分析」を発展させ、定量データ以外に、顧客に精度と高度な関連性のある定性データ分析を提供したいと願っています。同時に学術的理論を基礎とし、データベースを、プレス、公告、マーケティング、ブランド管理、心理学等の分野の理論を含む10種類に分類しました。顧客は厳格な学術構造のもと、現在の環境と消費者心理の動きを検視し、クチコミ分析とマーケティング戦略を結びつけ、この分類基礎を利用して今後の戦略の実行と修正の指標としています。

5.中華圏にクチコミ監視リサーチ網を拡大
現在、大中華圏において、i-Buzzは中国大陸と香港におけるクチコミ監視リサーチサービスをすでに開発しました。公開されているニュース、論壇情報、タオバオ(淘寶網)や京東のようなECサイトプラットフォーム、Weiboのようなソーシャルネットワークプラットフォームなどを含む通信媒体を観察し、中国地域の企業とブランドのために、迅速で確実なサービスを提供しています。