i-Buzzの目標
i-Buzzの製品サービス
i-Buzz発展ヒストリー
お客様からのよくある質問
i-i-Buzzの目標
i-Buzzの発展
インターナショナルデーターコーポレイション(IDC)の研究結果によると、2010年から世界のデータ量はすでにZB時代に入り、毎年60%以上の速さで増え続けています。これは18ヶ月ごとに世界中のデータ量が倍増していることを意味しています。このような情報トレンドにより、2012年には「Big Data」は、多くの注目を集める概念とチャンスとなりました。

Big Dataとは、膨大で巨大なデータを指し、その中心となる考えは、データ分析技術を応用して有益なデータヒントを抽出するところにあります。これにより、将来的なトレンドを見極め、ビジネスチャンスを掘り起こすのです。米国ガートナー社(Gartner)は、「ビッグデータとは、高ボリューム、高速度、高バラエティの情報資産のいずれか(或いは全て)であり、新しい形の処理を必要とし、さらに優れた戦略決定能力、洞察力、最適化された処理が可能となる。」と考えています。企業にとっては、Big Dataという考えにより、次々と累積していくネットワークデータはもはやゴミではなく、無限なビジネスチャンスの宝の山となったのです。

昨今のインターネットの急速な発展に伴い、顧客はネット閲覧を通じて、他の消費者が特定の商品や話題について討論しているものを自由に閲覧したり、自身の経験に基づいて、意見や関連する知識を他人とシェアすることができるようになりました。ネット上のクチコミ(WOM, Online Word-of-Mouth)、eWOM(Electronic Word-of-Mouth)、クチコミ(Word-of-Mouse)、統合型マーケティング(Integrated Marketing)を生成し、多くの消費者がそれを商品購入時やサービス時の重要な参考として利用しています。そのために、消費者がネット上に投稿するどのような情報、意見、さらには顔文字に至るまでもが、膨大なデータの一部であると見なすことができるのです。

企業の切迫した「膨大なデータ分析」ニーズを鑑みて、i-Buzzは2007年より、WOM自動収集、分析プラットフォームの開発、産業データベースの構築に尽力を尽くしてきました。私たちは、ビッグデータの意味するところを迅速に解読し、マーケティングコミュニケーションのソリューションとプロモーションに長けた自動システムを提供しています。その強さを以下のGREAT原則に要約しています。:
1.目的意識を持ったガイド(Guided):分析の一つ一つが、解決すべき業務やブランドが直面している問題を全て解決に導くこと。 2.関連性(Relevant):行った全ての分析が、解決すべき関連業務の問題と関係(リンク)していること。
3.説明可能(Explainable):分析結果のデータと報告を、必ず、意思決定者が理解し消化できる方法で提示できること。
4.行動に繋がる(Actionable):分析内容は、必ずお客様がそれらの問題を解決する助けになるものであること。そうでなければ、どんなに多くの分析データがあっても意味がない。
5.即時性(Timely): 24時間の報告提出だけでは、現在のWOM収集ニーズに対してすでに十分に対応しているとは言えなくなっている。我が社ではすでに8時間ごとの監視報告提出が可能であり、タイムリーな意思決定を満足させるのに有効なものとなっている。

WOMデータ収集分析と意思決定のサポートサービスを企業に提供し、膨大なデータの中から、企業が必要としているデータと今後のソリューションを抽出します。私たちの主なサービス目標は以下の通りです。:
1.クチコミマーケティングのサービス。
2.情報科学技術でクチコミマーケティング産業のサービス品質を向上。
3.WOMマーケティングの効果・利益の評価基準を制定。
4.革新的な消費者クチコミ管理の知識・技能を企業に導入。

Copyright© i-buzz.com.tw 2015 All Rights Reserved