インドネシア化粧品市場環境分析レポート: チャンスをつかみ、台湾ブランドが新ブルーオーシャン参入に把握すべき6つのキーポイント

發布日期:2020/07/29
數據期間:2019/01/01-2019/12/31
文章瀏覽數:154
關鍵字:

インドネシアは人口2億6000万人あまりで、グローバルブランドが虎視眈々と狙っている潜在市場であり、その中でも化粧品市場が最も人気を集めている。また、i-Buzz Asia国際研究レポートによると、インドネシアの化粧品市場が東南アジア諸国連合(ASEAN)と多くの違いがあるので、i-Buzz Asiaが提示した6つの観察ポイントを把握することによって、台湾ブランドもインドネシアの化粧品市場のダークホースになるチャンスがある。

 

化粧品関連の口コミ数の推移:小さな動きが大きな変動をもたらす 建国記念日は重要な販売シーズン

 

i-Buzz Asia国際研究レポートによると、インドネシアでは現在、化粧品産業全体の口コミ数は高くないものの、成長が続いており、市場では小さな動きがあれば大きな変動を引き起こすことができます。例えば3月には有名ブランドがオートミール製のマスクを発売して話題を呼び、また、5月には韓国の化粧品ブランドが提供した無料メーキャップサービスが多くの消費者を店に呼び込んだ。

 

インドネシアの化粧品産業の最も重要な販売シーズンは、他の東南アジア諸国と違って3月ではなく8月だ。8月17日は現地の建国記念日(独立記念日)で、多くの百货店や化粧品ブランドがインドネシアの独立を祝ってセールを行い、自社ブランドや製品をprする。

 

 

 

化粧品関連の口コミ情報源:SNSが盛り上がる ニュースが重要な宣伝チャンネル

 

インドネシア人は写真やビデオで情報を受け取ることを好むため、 Instagram は最も多くの人が利用するソーシャルメディアとなっている。多くの美容関連のインフルエンサーは  Instagramで製品の使用効果を写真やビデオで示す一方、インドネシアの消費者もInstagramで製品情報を収集することを知っている。

 

また、インドネシアのコスメチャンネルTop10には、 SNSだけではなく、掲示板やニュースのチャンネルもあります。グラフを見ると、 SNSのチャンネルは比較的分散しており、むしろ掲示板やニュースのが集中していることがわかる。ニュースのチャンネル(IDNtimesLife、KompasLifestyle)がカバーする客層が広く、多くのブランドはライフ面を活用して自社のブランドや製品を露出させている。

 

 

 

化粧品産業の競合状況:Focallureがダークホースとなり 台湾ブランドのインドネシア市場参入は夢ではない

 

i-Buzz Asiaがインドネシア化粧品産業の競合状況を分析したところ、「ブランドの低価格、平均口コミ数が高くない、中国内陸ブランドがTop10入り」という3つのポイントが明らかになった。

 

今のところインドネシアは比較的参入しやすい市場です。インドネシアの化粧品ブランド口コミ数Top20の平均口コミ数はそれほど高くなく、口コミ数が200程度であればTop20に入ることができるほか、上位ブランドは一般的に定価が高くなく、低価格が現地市場で相対的に有利であることが知っている。中国内陸ブランドの参入は、台湾ブランドにもチャンスがあることを示している。Focallureは、消費者の第一印象を把握し、低価格で良質な製品を維持しながら、市場で良い口コミを生み出し、欧米や日韩のブランド以外でインドネシア化粧品市場参入に成功した大きなダークホースとなっている。

 

 

 

人気化粧品:肌を元気に見せる チーク、口紅、ファンデーションが重要

 

メイクアップの口コミ数はスキンケアをはるかに上回り、化粧品業界全体の74% を占めている。だからこそ、日韩ブランドはスキンケアが好調でも、全体の口コミ数は欧米ブランドに負けているのです。インドネシア人のメイクアップの好みを把握できれば、市場ではさらに有名になるだろう。

 

メイクアップで重要なのは、チーク、口紅、ファンデーションです。チーク、口紅、ファンデーションは他のメイクアップに比べて手軽で価格も安く、インドネシア人は肌が青白く見えることを嫌い、チークや口紅が肌を元気に見せるように助けてくれるため,消費者に最も重視されている。

 

 

 

化粧品関連の人気キーワード:低価格が強み 消費者は販促情報に注目

 

メイクアップが重要なので、どのようなポイントを把握すればいいのでしょうか?i-Buzz Asia化粧品のプラス・マイナス評価キーワードによると、「便利、さわやか、長持ち、快適」はインドネシア人が最も気にしている4つのキーワードで、多くがチーク、口紅、ファンデーションを指している。製品の使用効果が「不自然」であれば、消費者の心に悪い印象を残すことになる。また、インドネシアは賃金水準が高くないため、消費者は製品価格を非常に気にしており、現在のところ、ほとんどの消費者にとって、低価格や販促イベントは大きな魅力を持っています。

 

 

 

インドネシアという新ブルーオーシャンに参入 6つの市場観察ポイントをお忘れなく

 

i-Buzz Asia国際研究レポートによると、ブランドがインドネシア市場に参入するためには、以下の6つの観察ポイントに注意する必要がある:

 

1.絶好の販促シーズンは建国記念日(独立記念日)前後。この時期での販促効果が最も高いと予想される。

2.ニュースは重要な宣伝チャンネルで、客層が広く、露出効果も良い。

3.市場はまだ成長しており、ブランドの平均口コミ数がそれほど高くなく、比較的参入しやすい市場だ。

4.チーク、口紅、ファンデーションはとても重要です。メイクアップの口コミ数が多く、その中でもチーク、口紅、ファンデーションはブランドの無視できない人気製品である。

5.消費者は価格に敏感で、インドネシアの賃金水準が高くないため、低価格製品はさらに竞争力がある。

6.消費者は販促イベントに引きつけられやすい。

 

産業の競合状況を見ると、現在、インドネシアの化粧品市場では欧米ブランドが優位に立っているが、i-Buzz Asia国際研究レポートに出ている「中国ブランドのFocallureがTop10入り」という例を見ると、インドネシア市場への参入はそれほど難しいことではない。インドネシアの化粧品市場は、平均口コミ数が少ない。インドネシア人の価格に敏感な特性を把握し、販促イベントを通じてコストパフォーマンスの高いメイクアップを積極的に売り込めば、台湾ブランドもインドネシアの化粧品市場のダークホースになるチャンスがある。

 

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

#