マレーシア自動車市場環境分析: マレーシア自動車市場が鼎立 日本車はマレーシアの国産車やドイツ車とどうやって競争できるのでしょうか?

發布日期:2020/08/28
數據期間:2020/01/01-2020/06/30
文章瀏覽數:565
關鍵字:

マレーシアは広大で人口が少ないため、完全な軌道交通とバスシステムを備えた人口の多い首都クアラルンプールを除き、ほとんどの地域の人々は出かけるときに車で移動する必要があります。世界銀行によると、マレーシアは人口1000人当たりの自動車保有台数が韓国に次いで373であることから、多くの自動車ブランドが進出している。しかし、マレーシアの国産車ブランドは価格優位性でトップと2位を確保しており、輸入車の評判の良いドイツ車に対して、日本のブランドはどう対抗すべきなのか?

 

車種別シェア分析:3つの車種はそれぞれ市場があり、ハッチバックやセダンは一般の人々が最も好む車種だ

 

車種別では、マレーシア人はハッチバック(hatchback)とセダン(sedan)を好む。マレーシアでは1人当たりの車両台数が多く、市街地の駐車スペースが狭いため、車体が短いハッチバックの方が駐車に便利です。一方、セダンは通常郊外や住宅地に現れますが、その都市型車の位置付けと安定性は中産階級の家族の間に人気があります。SUVの口コミ数はハッチバックやセダンには及ばないが、その快適さと多人数乗車できる機能が高所得者に人気だ。

 

 

 

ブランドの口コミ数分析:自動車ブランドが鼎立 日本のブランドが強敵に遭遇

 

マレーシアの自動車ブランド top10は、国産車メーカー2社、ドイツ車メーカー4社、日本車メーカー4社が占めた。日本の自動車ブランドはマレーシア市場で一定のシェアを持っていますが、個別ブランドの口コミ数は国産車ブランドに負けており、全体的な口コミ数もドイツ車ブランドにやや劣っています。マレーシア人は出かけるときには自動車が必要で、社会に出たばかりの若者や中下層の家庭は自動車の価格を重視することが多いため、海外ブランドの半分の価格で贩売される国産車が人気となっている。プロトン(Proton)のセダン「Saga」と「第2の国産車」(Perodua)のハッチバック「Myvi」は、安価な販売で常に人気を集めている。

 

 

一方、ドイツの自動車ブランドは中上流階級の間で非常に人気があります。その中で BMW の口コミ数が最も多いです。マレーシア政府は輸入車に2倍の関税を課しているため、国産車の3、4倍の価格で販売されているドイツ車は、主に高級 SUV に着目しており、その堅牢な車体、強力なエンジンとブランドエフェクトが中上流階級に高く評価されている。日本の自動車ブランドは、国産車とドイツ車の中間に位置し、中産階級の人々が購入することが多い。また、マレーシアには経済的不平等が大きく、低所得者は国産車ブランド、高所得層はドイツ車ブランドに傾いているため、日本車の口コミの数はやや少ない。

 

 

 製品の口コミ数分析:消費者は「Perodua Myvi」を好む 価格と機能がカギ

 

マレーシアで販売されている車種は多く、口コミ数では「Perodua Myvi」がトップ、Protonの「X70」「 Saga」「Persona」が続いている。 しかし、国際自動車市場で好調な日本車は、マレーシアで強敵に遭い、国産ブランドProtonPeroduaには及ばなかった。ハッチバック「Myvi」は、低価格、短い車体(駐車しやすい)、低燃費、低メンテナンスコスト、広い内部空間という利点を備えているため,消費者の間で非常に人気があり、マレーシア国民車の代表になった。

 

Proton2車種のセダンはHondaToyotaMazdaと機能はほぼ同じだが、価格は日本の自動車ブランドの半分から3分の2にとどまる。「Proton Persona」と「Toyota Vios」の1500cc セダンを例にとると、自動車関税のため、Viosの販売価格は189万円、Persona111万円だった。また、国産車向けの部品はすべて現地生産されているため、メンテナンスコストは日本車よりも安く、自動車初購入者にとっては好ましい選択肢となっています。

  

 

 

自動車関連の人気キーワード:価格やメンテナンスは重要で、エンジンやトランスミッションも重視する必要がある

 

マレーシアの国産車やドイツ車に対抗しようとする日本車は、i-Buzz Asia自動車関連の人気キーワードを通じて、マレーシアの消費者の好みを知ることができる。人気キーワードから、マレーシア人が車を購入する際、価格やメンテナンスを最も重視していることがわかる。国産ブランドのProtonPeroduaは、消費者が価格やメンテナンスコストに敏感な心理をつかみ、海外ブランドより半分近く安く販売し、安価で優れた修理・保守サービスを提供している。そのため、プラス評価では、国産車は「安い価格」で高い評価を得ることが多い。

 

自動車部品では、マレーシア人はエンジンとトランスミッションを重視している。マレーシアの若者には、低価格の国産車を輸入車のスタイルに改造する「改造車」が流行している。国産車にスポーツカー感を与えるためには、エンジンの交換が必要だ。これに対してProtonは消費者の需要を見込み、英国のスポーツカーブランド「Lotus」の技術を導入してエンジンを改造し、若者を引きつけて手頃な価格で動力のある車種を購入させた。また、マレーシア人もマニュアルトランスミッションを好む。中年層の消費者はマニュアルトランスミッション車に慣れており、他の消費者はマニュアルトランスミッション車は動力性能が高く、スポーツカーに改造しやすいと考えている。

 

 

 

ブランドのプラス・マイナス評価分析:日本車は外観や内装に勝るが、ノイズ、スピード、エンジン性能に注意を払う必要がある

 

自動車ブランドのプラス・マイナス評価を見ると、価格がすべての評価のカギであり、BMW以外の4つのブランドは同様の価格パフォーマンスを持っている。一方、ドイツブランドであるBMWは、スピード、エンジン性能、快適性に優れており、価格は高いが仕上がりの良い「ドイツメーカー」の印象にぴったりだ。

 

国産車ブランドのProtonが技術の先進性に目覚ましい活躍を見せているのは、数十年にわたって外国の技術を参考にしたり、独自のイノベーションを繰り返してきたからだ。これによってマレーシア人は価格が安いだけでなく、国産車の品質を信頼しているため、忠実な消費者になった。しかし、国産車ブランドのPeroduaは価格や車体では優位に立っているものの、外観デザインは消費者から批判を受けており、改善が急がれている。

 

 

日本の自動車メーカーであるToyotaHondaは、価格や外観では評価されているものの、スピードやエンジン性能、ノイズの部分ではマイナス評価を受けています。Honda の欠陥はノイズ問題によるもので、車内の防音(soundproof)がうまくいっていない。そしてToyotaの欠点は、エンジンが弱くて速度が遅いことで、燃費と安定性を強調しているため、ドイツ車のように強力なエンジンを使うことができない。

 

 

 市場のセグメンテーションをうまく利用して 日本の自動車ブランドは価格とエンジン性能の両立を図るべきだ 

 

i-Buzz Asiaマレーシアの自動車産業研究報告を見ると、消費者によって好みが異なる。社会に出たばかりの若者や中下層消費者らは、不必要な関税や高いメンテナンスコストを避けるため、安価な国産車を買う傾向がある。たとえ自動車の動力を強化しようとしても、エンジンを改造して国産スポーツカーを作る。一方、富裕層は、高価で、よく作られていて、動力のあるドイツ車を買う余裕がある。

 

日本車は現在、中産階級の市場を主戦場としている。国産車とドイツ車の中間に位置する日本のブランドが市場占有率を拡大するためには、サラリーマンや富裕層にまで広げなければならず、価格とエンジン性能の両面で着手することができる。価格面では、現地政府に関税を引き下げるよう働きかけ、マレーシアの自動車部品生産ラインを立ち上げてコスト削減を図り、国産車と競争しなければならない。また、エンジンパワー面では、富裕層に高級車種を売り込み、エンジンや車体の開発に力を入れることで、ドイツ車とハイエンド市場を競争することができる。マーケットセグメンテーション(market segmentation)戦略をうまく活用すれば、日本車は競争の激しいマレーシア市場でさらに強固になる。

 

 

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

#