タイ自動車市場環境分析:SUVが主戦場 英米のSUVが日本車の脅威に

發布日期:2020/10/19
數據期間:2020/01/01-2020/06/30
文章瀏覽數:165
關鍵字:

バンコクの渋滞は世界的にも有名です。タイの首都としては比較的健全な公共交通システムを持っているが、文化的には車を持つことがタイ人の成人の象徴であり、財力の誇示とされているのだ。そのため、「地域が広く人が少ない」、「交通の便が悪い」といった地域的な理由のほか、国の文化もタイ人の自動車購入を促す要因の一つとなっており、便利な首都圏でも消費者の購入意欲は衰えていません。i-Buzz Asiaタイ自動車産業研究報告によると、日本のブランドがタイの自動車市場でリードしている理由がわかりますし、直面する強敵や課題を洞察することもできる。

 

 

車種別シェア分析:SUVスペースが広くて性能がいい 総合実用性がタイ消費者に人気

 

i-Buzz Asiaタイ自動車産業研究報告で車種別の口コミシェアを見ると、タイ人が好む車種はSUVで、口コミ数が全体の3分の1を占めており、セダンやハッチバックにもある程度の口コミがある。SUVは路面適応能力に優れており、アスファルト道路の普及度が高くないタイでは、SUVは都会だけでなく田舎の泥道でも走れる。さらに、広い内部空間と強力な輸送力、SUVは家庭用または商業用を兼ね備えており、総合実用性が高く、タイ人の自動車に対する基本的なニーズに適しています。また、大型車はタイ人の視覚的な表現欲を満たし、富裕層の存在感をアピールする。一方、車で短距離を走るバンコク人は、財力の象徴としてセダンやハッチバックを好む。

 

 

 

ブランドの口コミ数分析:日本ブランドがタイ車市場をリード 地元で工場建設が勝負のカギ

 

i-Buzz Asiaタイ自動車の口コミ数Top10によると、日本ブランドだけで6席あり、そのうちToyota、Honda、Mazda、NissanがTop4を占めている。タイ市場で日本車が強いのは、多くの自動車メーカーがタイに工場を建設しているからだ。输入コストを差し引いた価格は比較的安い上、サービス、自動車の性能、部品の取得、後続のメンテナンスまでタイ国内で行うことができ、便利さと保証があることで、消費者の日本車購入意欲は大きく高まっている。先発優位性に加えて、長年タイに進出した日本ブランドはタイの消費者の好みを深く研究し、現地の人々のニーズにより合ったサービスを提供し、消費者は他のブランドよりも日本車への信頼を高めている。

 

ドイツのBMWは、日本ブランド以外で最も人気があり、その優れた加速、グリップ、ブレーキシステム、および材料品質は、間違いなく、高級車市場における日本車のライバルです。アメリカのFord、Chevroletは2席を占め、イギリスのMGは7位だった。社会的イメージを重視する富裕層にとって、输入車は安い日本車よりも身分・社会的地位をアピールすることができるため、输入車購入が第一選択肢となっている。

 

 

 

製品の口コミ数分析:日本のセダンが英米を圧倒 英米のSUVが追いついている?

 

タイのTop10自動車のうち、1位のToyota Fortunerと2位のMazda 2は口コミ数が拮抗している。Toyota Fortunerは多くのメリットを集め、タイで最も人気のあるSUVだ。手ごろな価格でスムーズに操作でき、省燃費はもちろん、部品の手入れも安く、堂々たる見た目が多くの人に愛されています。

 

2位から7位は同じく日本車が占めた。Mazda 2はFortunerに続き、省燃費、快適な操作、優れた内装は消費者がハッチバックを購入する理由となっている。次に多かったのはセダンだった。社会人になったばかりで結婚もしておらず、車の需要があるサラリーマンにとっては、 SUVよりもコストパフォーマンスの高い日本のセダンの方が、若い消費者のニーズに合っている。

 

注目すべきは、 SUVではイギリスMG ZSやアメリカChevrolet Captivaランクインしていることだ。また、他のブランドもタイのSUV市場の可能性を重視し始め、日本ブランドに追いつくことを目指している。

 

 

 

自動車関連の人気キーワード:全体的にコストパフォーマンスが最も重要で 首都圏の消費者は高級車を好む

 

i-Buzz Asiaタイ自動車関連の人気キーワードによると、自動車に関しては、タイの消費者が価格やメンテナンス、エンジンに最も注目している。タイの自動車産業全体としては、性能が良く、価格も安い車が最も消費者の心を打つ。また、性能が安定し、故障しにくく、メンテナンスがしやすい車種も考慮に入れられます。

 

タイでは自動車工場で働く人が多く、自動車の保有率が20%に達しているため、自動車は話題になり、口コミが消費者の選択に影響を与えやすい。そのため、良い消費体験を提供するのも各ブランドが注意すべきことである。一方で、地域によって車の購入ニーズは異なっている。首都バンコクはブランドのラグジュアリーさや高級機能を追求しており、他の地域に比べて自分たちの財力を誇示したいバンコク人にとっては、高価な輸入車がかえってニーズに合っている。

 

 

 

ブランドのプラス・マイナス評価分析:警鐘を鳴らす 日本車の問題がマイナス評価に!

 

i-Buzz Asiaタイ自動車産業研究報告が自動車ブランドの評価をさらに分析したところ、消費者はそれぞれの日本車に対するプラス評価が、乗車体験、運転体験に多いことが分かった。タイ人は日本ブランドを認め、基本性能にも満足しているが、各ブランドの欠点に対する批判も少なくない。例えば、Toyotaは内部空間が狭くて乗り心地が悪く、Hondaはバッテリーの問題でメンテナンスが必要になることが多く、Nissanは運転体験は良いがエンジン性能の改善が必要で、Mazdaの外観はタイ人の美意識に最も合っていない。高価格帯のBMWは、「操作がスムーズなソフトウェア」や「ハイテク」、「パワフルなエンジン」に優れているが、エンジンノイズが最大の問題とされている。プラス・マイナスの評価によって、ブランド自体の強みや改善すべきポイントが明らかになる。

 

 

 

日本車はタイで優位を保っているが 油断はできない

 

i-Buzz Asiaタイ自動車産業研究報告を見ると、日本の自動車が明らかにタイの自動車市場をリードしている。日本のブランドは消費者のニーズを熟知しており、かなりの優位を保っているが、それでも油断はできません。データによると、英米のSUVが追いつきつつあり、SUVを中心とするタイでは日本の強敵となっている。自動車が財力の象徴である時代において、自動車自体の欠点の改善に加えて、ブランド価値も日本ブランドの強化すべきポイントとなっている。

 

 

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

▌i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート

i-Buzz Asiaは口コミ分析サービスを提供する台湾のデジタルマーケティング会社です。業界最大級のクチコミデータベースによって収集された東南アジア圏のネット上のクチコミ情報を統合的に分析し、「i-Buzz Asiaアジア市場研究レポート」を作成するサービスを支援しています。これにより、東南アジア各産業の市場動向や消費者ニーズを深く理解することが可能となります。

 

東南アジアの市場動向について、ご興味のある方はこちらへ 
https://www.i-buzz.com.tw/user/contact/jp

▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁▁

 

#